車買取

曇りの日の査定で車の粗を隠す

皆さんは、愛車の査定を受けるのにぴったりの天気があることをご存じでしょうか。実は車の査定を受ける日のおすすめとしては、快晴や晴れではなく、曇りの日がぴったりなんです。曇りの日は太陽が見えていない場合がほとんどですから、車が光に照らされることがありません。車は光に照らされることで、キズや擦った痕などが鮮明に見えてしまうものですので、曇りの日は車の粗を隠すには持ってこいの天気なのです。キズの場合は小さなものから目立ちやすいキズまである程度まではごまかすことができますし、ボディがヘコんでいる場合でも同じです。皆さんも是非、愛車を査定に出す前には、晴れの日と曇りの日では愛車の見た目が変わることを一度よく確認してみてください。晴れの日と曇りの日を比較してみるとすぐに分かることですが、曇りの日の方が圧倒的にボディの粗を隠せているのです。

以上のようなことから、ボディのキズなどの粗が気になる場合には曇りの日に査定を受けることをおすすめします。キズやヘコミが目立ちにくくなるので、査定価格を下げることも防ぐことができます。キズが気になる場合には【小さなキズが目立つときには】も参考にして、上手く査定を乗り切ってください。しかし、これらの対策法には例外もあります。ボディについてしまったキズですが、キズがついた理由が細かく分かっている場合やどうしても隠すことのできない大きなキズの場合は、正直に車買取専門店や査定士に話すようにしましょう。たとえば事故などで車を擦ってしまってついたキズの場合は、ボディにキズがついた原因も分かっていますから、車買取専門店側と良い信頼関係を保つためにもキズができた経緯をしっかり説明することが大切です。車の買取りは皆さんの正直さがカギとなりますので、車買取専門店に対しては決して嘘をつかないようにしましょう。また、ボディの粗を隠すにはワックスを念入りにかけておくこともおすすめです。ワックスによってツヤが出ているボディは、キズが目立ちにくくなるので、この方法も是非試してみてください。ちなみに皆さんが新しく車を購入する際には、査定に出す日とは反対に晴れや快晴の日をおすすめします。このように天気を参考にして、査定に出す日と車を購入する日を決めてみてくださいね。


このページの先頭へ