車買取

車売却に必要な書類

【売却手続きと必要書類】でも簡単に説明しましたが、ここでは車買取の契約手続きに必要な書類について詳しく紹介していましょう。契約手続きには様々な書類が必要となります。

まず用意しておくのは、自動車車検証です。皆さんの愛車を車検に通しているか、確認をするものですので、必ず用意してください。車の所有者の名前と住所が間違っていないかよくチェックしておきましょう。また、誤って紛失してしまったという場合には、運輸支局の方で再交付を行うことができます。次に用意するのは、印鑑登録証明書です。印鑑登録証明書は、実印と共に準備しましょう。軽自動車の場合は印鑑を準備しましょう。車の名義変更、譲渡証明書の作製などに必要となります。車買取りの契約を行う1ヶ月間以内に発行したものを2通準備しておいてください。さらに自賠責保険証明書や自動車納税証明書という書類も必須となっています。自動車納税証明書に関しては、軽自動車の場合には軽自動車納税証明書になります。必ず用意しておきましょう。また、愛車の売却による支払いについてですが、支払いは振込みになりますので、皆さんの口座番号が必要となります。振込んでもらうための口座番号は、車買取専門店の担当者にわかれば良いので、簡単なメモに書いて上記の書類と併せて担当者に提示してください。

以上のように、車の買取りには様々な書類が必要となっています。買取りの契約手続きを行う際には忘れずに持っていきましょう。必要書類に不備があった場合は正しい契約ができなくなってしまい、再査定を受けなければならないことも考えられます。必要な書類はすべて忘れずに用意しておきましょう。その他、引っ越しなどによる住所の変更や結婚による姓の変更があった場合には、複数の書類で情報が異なっていることがあります。その場合は別途、住民票や戸籍謄本などの書類も必要になりますので、必要である場合はよく確認しておきましょう。

車の買取りには普段あまり聞き慣れない書類なども必要となるので、分からないこともあるかもしれませんが、不明な点は気軽に車買取専門店へ相談しましょう。また、車買取りの契約手続きについては【車買取専門店との契約の流れ】をご覧になってください。そちらを参考にしながら、契約に必要な書類を揃えておくようにしましょう。


このページの先頭へ