車買取

下取り価格、新車と中古車の違い

車を新しく買い換える際には、新車を買うために車販売店で下取りを行うことがほとんどかと思います。今まで使用してきた愛車から新車に乗り越える場合には、車販売店で愛車の下取りをすることで、今まで使用してきた愛車の下取り価格を出すことができます。それと同時に、下取り価格には新車自体の値引き価格が上乗せされてますので、結果的に安く新車に買い換えることができるのです。このようなポイントから、新車に買い換える場合には車販売店で下取りを行う方法が主に利用されています。車販売店側も、現在推している新車であればどんどん売っていきたいという考えなので、皆さんは愛車を下取りすることによって、お得な条件で新車に買い換えることができるのです。しかし、あまりに値引きをしてしまうと新車としての価値が下がってしまいますから、新車の値引きというよりは、あくまでも今まで使ってきた愛車を下取りした価格が中心となります。

また、皆さんが中古車に乗り換えるという場合には、中古車販売店で下取りを行うこともできます。車販売店で下取りを行って新車に買い換える場合と同じように、まずは中古車販売店で皆さんの愛車の下取りを行います。その下取りによって判断された価格を中心として、次に買い換える中古車の値段が値引きされるのですが、新車に買い換える時ほど値引きは行われません。このようなことから、新車に買い換えるよりも中古車に買い換える方が、下取り価格が低くなるということが言えます。

新車と中古車の下取り価格には以上のような違いがありますが、これは車販売店や中古車販売店で下取りを行う場合のみに当てはまります。車買取専門店で皆さんの愛車を買取ってもらう場合には、下取り価格というものはありませんので、車自体の買取価格のみが皆さんの手に渡ります。車買取専門店では、オートオークションなどの利用から全国的に中古車の需要を高めているので、しっかり査定できている車であれば高額な買取価格で買取ってもらうことも可能です。従来では新車に買い換える場合には下取りを行うことが普通でしたが、現在では車買取専門店の需要が非常に高いため、今まで使用してきた愛車は車買取専門店で売り、新車は車販売店で買う、といったように上手く利用することをおすすめします。


このページの先頭へ