車買取

新車納入まで愛車に乗り続けるとき

ディーラーによる下取りで新車に買い換える場合、新車が納入されるまでは今まで乗っていた愛車に乗り続けることになります。皆さんの愛車は既に査定を終えているわけですから、査定後も愛車に乗り続けるには、提示された査定価格をできるだけ下げないようにすることが重要なポイントとなります。新車が納入する時期が、査定から1週間後010日後程度ならばそれほど神経質になることはありません。しかし、皆さんが買い換える新車が人気のメーカーや人気のモデルであった場合には、納入が102ヶ月後などになることもありますので、その場合は車の扱いに十分に気をつけるようにしましょう。

たとえば、愛車を査定した後から比べて、走行距離が大幅に増加してしまった場合などには、再査定を行わなければならないことが考えられます。パーツを交換しなければならないほどの事故を起こしてしまった場合も同様です。ボディについた小さなキズ程度ならば、再査定を受ける必要がない場合もありますが、注意をしておいて損はありません。再査定を受けるということはディーラーとの信頼関係を崩す原因にもなってしまいますので、できることなら避けたいですからね。再査定を行うと査定価格も大幅に下がることもありますから、再査定を行わなければならない状態にならないように、車の扱いには十分に注意しましょう。車の状態に変化を与えないためには、やはり車を使う機会を減らすことが一番良いですね。と言っても、絶対に車を使わないということは難しいですから、あまり遠出をしないようにする、知り合いなどに車を貸さないようにするなど、ちょっとした心掛けをするだけで構いません。自分ができることから気を配っていきましょう。また、再査定を受けなければならない程度について、ディーラーの方へ確認しておくこともひとつの手です。再査定を受けるにも様々な条件がありますから、どの程度ならば再査定を受けなくても済むか、などを確認しておくと安心かと思います。再査定が心配な場合には、担当者や査定士に前もって相談しておきましょう。ディーラーには下取りから新車の納入までではなく、新車に買い換えてからも長く付き合う関係になりますから、より良い信頼関係を築き上げた上で契約を結ぶことをおすすめします。


このページの先頭へ