車買取

車買取後の責任はどうなる?

車買取専門店を初めて利用するという皆さんは、愛車を買取ってもらった後の責任は誰にあたるのか?という点を気にされることが多くあります。通常、車買取専門店で皆さんの愛車の買取りを行う際には、様々な契約事項が提示されます。車買取専門店から提示された契約事項に皆さんが同意して契約を交わすことによって、車の買取りが完了します。車買取専門店に買取られた皆さんの愛車は、名義変更が行われていますから、その車はもう皆さんの所有物ではありません。また、名義変更が行われていることによって、皆さんが自動車税を支払う必要もなくなります。つまり、車買取専門店に愛車を売却した後には、皆さんに責任がいくことはないということですね。

しかし、場合によっては例外もあるので注意しておかなければなりません。まず、車買取専門店での査定後における注意点があります。愛車の査定を受けた日から車を買取る予定日までの間では、まだ名義変更が行われていないことがほとんどです。なので、もしこの期間に事故を起こしてしまった場合には、責任は車の所有者である皆さんにあたります。さらに、事故が原因となって査定価格が下がったり、再査定を受けなければならなかったりと、責任を負うばかりでなく車買取専門店の信頼性をも失うことになってしまいます。このようなことが起こらないように、査定日から買取り予定日までの期間は慎重に車を扱うようにしましょう。

以上は皆さんに非があった場合の責任問題ですが、次は車買取専門店側に問題があった場合の注意点です。車買取専門店は、大手業者から地元の業者まで非常に幅広い店舗がありますが、その中には悪質な業者がいることも否めません。たとえば、上記のような車の名義変更が正式に行われていなかったり、契約事項に不自然な点があったりなど、皆さんが不利な状態になってしまうことも考えられます。もし名義変更が行われていなかった場合、既に車を売却した後だとしても、皆さんが自動車税を払わなければなりません。皆さんが車の所有者ということになり、責任を取らなくてはならなくなってしまうのです。このような事態を起こさないためには、信頼のおける車買取専門店を選んで利用をすること、そして車買取専門店との契約は必ず書面で行うことを注意しておきましょう。金銭が関わる契約での口頭約束は非常に危険ですから、必ず書面で契約を交わしてください。無駄な責任を負わない注意点をよく踏まえた上で、契約をしましょう。


このページの先頭へ