車買取

売るタイミングによって査定額が変わる

車買取専門店に愛車を買取ってもらう場合には必ず査定を受けることになっていますが、査定によって判断された査定価格は、愛車を売るタイミングによって若干変わります。たとえば夏休みや冬休みなどのシーズンでは、キャンプやスキーといったような家族や仲間内でのアウトドアイベントに出かける方々が増加しますね。このようなアウトドアイベントに向いているモデルである4駆車などは、シーズンが始まる夏休み前や冬が近くなる時期に特に多く売れている傾向があります。4駆車に需要がある時期なので、車買取専門店側も4駆車を求めているということです。なので、4駆車を売りたいという場合には夏休み前や冬が近くなる10011月頃を目安に、車買取専門店の査定を受けてみてください。

また、アウトドアイベントの他にも需要が分かりやすい時期としては、新生活が始まる春先が挙げられます。春先には、学生や新社会人が初めて乗る車の購入を求めるようになります。学生や新社会人が初めて乗る車としては、新車よりも中古車を購入する方が圧倒的に多いですから、買取りについての需要も非常に高いです。主に使い勝手の良い軽自動車やコンパクトカーなどが人気のあるモデルとなっていますので、軽自動車やコンパクトカーを売りたいと考えている場合には、査定額が高くなる傾向のある103月の春先を狙ってみてはいかがでしょうか。

以上のように、車買取専門店では車を売るタイミングによって査定額が変わってきます。しかし、こういったタイミングはあくまでも査定額がアップする目安として考えておけばOKです。車の査定額というのは、特に大きなイベント事が関係していないシーズン以外にも下がるものなので、売るタイミングばかりを気にする必要はありません。また、シーズン前に人気車を売ろうとしたとしても、車自体が数年前のモデルである場合には最新モデルに比べて査定額は下がってしまうことは仕方ありません。このようなこともあるため、愛車を車買取専門店に売るタイミングは、自分が売りたいと思った時が一番の売り時です。タイミングなどはあまり考えずに、自分が愛車を手放す覚悟ができたときに思い切って売ってしまうことが一番ですね。売るタイミングを図る方法は、査定額をアップさせる方法のひとつとして考えておきましょう。


このページの先頭へ