車買取

車買取専門店の再査定って?

皆さんの愛車を車買取専門店で買取ってもらう際には、必ず査定を受けることになります。査定とは、皆さんの愛車をどのくらいの価格で売ることができるのかを判断するためのもので、車の買取りには欠かせないものとなっています。査定はプロの査定士によって行われますが、査定士によって査定価格に差が出ることはありません。査定価格は皆さんの愛車のモデルや年式によって大きく異なるものですが、査定士の判断によって変わるものではありません。変わることがあるとすれば、皆さんから査定士への対応の善し悪しや信頼関係によるものとなります。査定士は、皆さんの愛車を隅々まで査定します。その査定士に対する皆さんの誠実さが、査定価格に関係してくることもあります。査定士や車買取専門店の担当者とは、良い信頼関係を結ぶことが車の買取りには先決です。

このような車の査定は必ず受けなければならないもので、ひとつの車買取専門店につき1回行うことが一般的となっています。しかし、場合によっては「再査定」を行わなければならないこともあるので注意が必要です。再査定とは、文字通りもう一度改めて査定を行うことです。では、どうして改めて査定を行わなければならないのかといいますと、車の査定後に何らかの問題が発覚した場合や、査定日から1週間以上経ってしまったため査定価格が大幅に変わってしまった場合などが原因となっています。再査定が必要となった場合には、また一から査定士による査定を受けることになります。中古車というのは日が経つごとに査定価格が下がっていくことが特徴で、査定価格が最も高い日は査定日となります。そして査定日から2、3日と経っていくうちに車の査定価格はどんどん下がっていきます。中古車は査定日から1週間を目安に売却することが一般的なのですが、誤って査定日から1週間を過ぎてしまった場合には査定日に提示された査定価格から大幅に下がってしまっていますので、再査定を行わなければなりません。再査定は、査定を行う査定士にとっても査定を受ける皆さんにとっても負担になってしまうものです。さらにこういったことは査定士の信頼も失うことになりますから、査定後は必ず約束した売却日に車を届けるようにしましょう。


このページの先頭へ