車買取

ローンの残債はどうなる?

車を新しく購入する場合には、ローンを組むことが一般的です。皆さんも愛車のローンを組んでいることかと思いますが、もし愛車を買取ってもらう際にローンの残債があったらどのような対処をすれば良いのか?という質問をよく聞かれます。ローンの残債がある場合、車の所有者は皆さんではないということは理解していらっしゃるかと思います。ローンの残債をすべて支払うまでは、車は皆さんの所有物ではなく、実際にローンを組んでいるクレジット会社が所有していることになりますね。つまりローンの残債がある状態のままで車を売却するということは、他人の所有物を売却するということになるので、ローンの残債がある状態では車買取専門店を利用することはできません。

しかし、反対にローンを支払ってしまえば、その車は皆さんの所有物となります。車を自分の所有物にするには、ローンを完済すれば良いのです。これは「所有権解除」と呼ばれる対処法です。ですが、皆さんにこうした対処法を話すと「ローンを支払う余裕がない…」といった悩みを口にする方々も多くいらっしゃいます。でも車買取専門店では買取価格にローンの残債を含めることができるので、車の買取りを行えば、ローンの残債をすべて支払うことができるのです。買取価格よりもローンの残債が下回っている場合には、単純に買取価格からローンの残債をマイナスすれば良いので、皆さんに支払われる金額は「買取価格”ローンの残債」といった差額となります。また、買取価格よりもローンの残債の方が上回っている場合でも、問題なく車の買取りを行うことができるので、心配いりません。この場合はまず、買取価格とローンの残債の差額をローン会社に支払います。ローン会社に差額を支払うことで、ローンの組み替えを行うということです。ローンの残債の方が上回っている場合には、このようなローンの組み替えを行うことでローンを完済し、所有権解除を行うことがで
きるのです。

以上のように、愛車にローンの残債があった場合でも、車の買取りを行うことは可能となっています。説明から分かりづらい部分がある場合には、気軽に車買取専門店の担当者に相談してみましょう。車買取専門店によっては、ローンの組み替えについての案を提示してくれたり、所有権解除の代行を務めているところもありますので、分からないことがあったら車買取専門店側とよく相談するようにしましょう。


このページの先頭へ