車買取

ローンが残っていたら買取りしてもらえない?

皆さんの愛車にはローンが組まれているでしょうか。ほとんどの方がローンを組んでいることかと思いますが、車買取専門店に車を買い取ってもらう際にローンが残っている場合には、残念ながら皆さんの車を買い取ることはできません。ローンが残っている場合、車の所有者は皆さんではなく、ローンを組んでいるクレジット会社となっていますから、たとえ皆さんの愛車だとしても車を買取専門店に売ることができないのです。ローンを支払っている段階では車の所有者はクレジット会社ですから、他人の所有物を売ることはできませんね。このようなことから、ローンが残っている車は買取専門店に買い取ってもらうことはできないことになっています。

しかし、車買取専門店ではこうしたローンの問題を解決できる対処策がしっかり取られていますので、もしローンが残っている場合でも心配はいりません。対処策を取ることで、ローンが残っていた車でも問題なく車買取専門店に売却することができるようになりますよ。では、その対処策について紹介していきましょう。まず一つめは、買取金額からローン残高を差し引くという方法です。ローン残高よりも車の買取価格の方が上回っている場合は、この方法を取ることで解決することができます。この場合では、買取金額からローン残高を差し引いた金額が皆さんが最終的に手にする金額ということになります。また、ローン残高よりも買取価格の方が下回っている場合には、ローンの組み替えを行うことでこの問題は解決できます。ローンの組み替えとは、ローンの残高から買取価格を差し引いた金額をローン会社に支払うことを指します。ローンの組み替えによって車のローンを完済することができるので、車の所有権は皆さんに属することになります。これは所有権解除と呼ばれるもので、所有権解除が正式に行われれば、皆さんは問題なく車を買取専門店に売ることができるようになります。ローンの問題については分かりづらい部分も多くあるかもしれませんが、車買取専門店でもローンの組み替えや所有権解除については相談することができますので、査定時などによく確認しておきましょう。分からないことがあったら気軽に車買取専門店に相談してみてくださいね。


このページの先頭へ