車買取

新車納入まで愛車に乗り続けるとき

ディーラーによる下取りで新車に買い換える場合、新車が納入されるまでは今まで乗っていた愛車に乗り続けることになります。皆さんの愛車は既に査定を終えているわけですから、査定後も愛車に乗り続けるには、提示された査定価格をできるだけ下げないようにすることが重要なポイントとなります。新車が納入する時期が、査定から1週間後010日後程度ならばそれほど神経質になることはありません。しかし、皆さんが買い換える新車が人気のメーカーや人気のモデルであった場合には、納入が102ヶ月後などになることもありますので、その場合は車の扱いに十分に気をつけるようにしましょう。

たとえば、愛車を査定した後から比べて、走行距離が大幅に増加してしまった場合などには、再査定を行わなければならないことが考えられます。パーツを交換しなければならないほどの事故を起こしてしまった場合も同様です。ボディについた小さなキズ程度ならば、再査定を受ける必要がない場合もありますが、注意をしておいて損はありません。再査定を受けるということはディーラーとの信頼関係を崩す原因にもなってしまいますので、できることなら避けたいですからね。再査定を行うと査定価格も大幅に下がることもありますから、再査定を行わなければならない状態にならないように、車の扱いには十分に注意しましょう。車の状態に変化を与えないためには、やはり車を使う機会を減らすことが一番良いですね。と言っても、絶対に車を使わないということは難しいですから、あまり遠出をしないようにする、知り合いなどに車を貸さないようにするなど、ちょっとした心掛けをするだけで構いません。自分ができることから気を配っていきましょう。また、再査定を受けなければならない程度について、ディーラーの方へ確認しておくこともひとつの手です。再査定を受けるにも様々な条件がありますから、どの程度ならば再査定を受けなくても済むか、などを確認しておくと安心かと思います。再査定が心配な場合には、担当者や査定士に前もって相談しておきましょう。ディーラーには下取りから新車の納入までではなく、新車に買い換えてからも長く付き合う関係になりますから、より良い信頼関係を築き上げた上で契約を結ぶことをおすすめします。

ローンの残債はどうなる?

車を新しく購入する場合には、ローンを組むことが一般的です。皆さんも愛車のローンを組んでいることかと思いますが、もし愛車を買取ってもらう際にローンの残債があったらどのような対処をすれば良いのか?という質問をよく聞かれます。ローンの残債がある場合、車の所有者は皆さんではないということは理解していらっしゃるかと思います。ローンの残債をすべて支払うまでは、車は皆さんの所有物ではなく、実際にローンを組んでいるクレジット会社が所有していることになりますね。つまりローンの残債がある状態のままで車を売却するということは、他人の所有物を売却するということになるので、ローンの残債がある状態では車買取専門店を利用することはできません。

しかし、反対にローンを支払ってしまえば、その車は皆さんの所有物となります。車を自分の所有物にするには、ローンを完済すれば良いのです。これは「所有権解除」と呼ばれる対処法です。ですが、皆さんにこうした対処法を話すと「ローンを支払う余裕がない…」といった悩みを口にする方々も多くいらっしゃいます。でも車買取専門店では買取価格にローンの残債を含めることができるので、車の買取りを行えば、ローンの残債をすべて支払うことができるのです。買取価格よりもローンの残債が下回っている場合には、単純に買取価格からローンの残債をマイナスすれば良いので、皆さんに支払われる金額は「買取価格”ローンの残債」といった差額となります。また、買取価格よりもローンの残債の方が上回っている場合でも、問題なく車の買取りを行うことができるので、心配いりません。この場合はまず、買取価格とローンの残債の差額をローン会社に支払います。ローン会社に差額を支払うことで、ローンの組み替えを行うということです。ローンの残債の方が上回っている場合には、このようなローンの組み替えを行うことでローンを完済し、所有権解除を行うことがで
きるのです。

以上のように、愛車にローンの残債があった場合でも、車の買取りを行うことは可能となっています。説明から分かりづらい部分がある場合には、気軽に車買取専門店の担当者に相談してみましょう。車買取専門店によっては、ローンの組み替えについての案を提示してくれたり、所有権解除の代行を務めているところもありますので、分からないことがあったら車買取専門店側とよく相談するようにしましょう。

車売却に必要な書類

【売却手続きと必要書類】でも簡単に説明しましたが、ここでは車買取の契約手続きに必要な書類について詳しく紹介していましょう。契約手続きには様々な書類が必要となります。

まず用意しておくのは、自動車車検証です。皆さんの愛車を車検に通しているか、確認をするものですので、必ず用意してください。車の所有者の名前と住所が間違っていないかよくチェックしておきましょう。また、誤って紛失してしまったという場合には、運輸支局の方で再交付を行うことができます。次に用意するのは、印鑑登録証明書です。印鑑登録証明書は、実印と共に準備しましょう。軽自動車の場合は印鑑を準備しましょう。車の名義変更、譲渡証明書の作製などに必要となります。車買取りの契約を行う1ヶ月間以内に発行したものを2通準備しておいてください。さらに自賠責保険証明書や自動車納税証明書という書類も必須となっています。自動車納税証明書に関しては、軽自動車の場合には軽自動車納税証明書になります。必ず用意しておきましょう。また、愛車の売却による支払いについてですが、支払いは振込みになりますので、皆さんの口座番号が必要となります。振込んでもらうための口座番号は、車買取専門店の担当者にわかれば良いので、簡単なメモに書いて上記の書類と併せて担当者に提示してください。

以上のように、車の買取りには様々な書類が必要となっています。買取りの契約手続きを行う際には忘れずに持っていきましょう。必要書類に不備があった場合は正しい契約ができなくなってしまい、再査定を受けなければならないことも考えられます。必要な書類はすべて忘れずに用意しておきましょう。その他、引っ越しなどによる住所の変更や結婚による姓の変更があった場合には、複数の書類で情報が異なっていることがあります。その場合は別途、住民票や戸籍謄本などの書類も必要になりますので、必要である場合はよく確認しておきましょう。

車の買取りには普段あまり聞き慣れない書類なども必要となるので、分からないこともあるかもしれませんが、不明な点は気軽に車買取専門店へ相談しましょう。また、車買取りの契約手続きについては【車買取専門店との契約の流れ】をご覧になってください。そちらを参考にしながら、契約に必要な書類を揃えておくようにしましょう。

車買取専門店との契約の流れ

【売却手続きと必要書類】では、車買取専門店に愛車を売却する際の手続きの方法と必要な書類について簡単に記載しましたが、こちらでは車買取専門店における買取りの契約手続きについて詳しくお教えします。皆さんが車買取専門店で愛車を売却する場合には、車買取専門店側と買取りの契約を行います。買取りを行う前にはまず、査定士による査定を受けます。査定とは、皆さんの愛車の程度を調べて、様々な条件から査定価格を提示することを指します。査定については【車買取専門店の仕組み】や【車の一括査定サービスの仕組み】などをご覧いただけるとお分かりいただけるかと思いますので、詳しくはそちらを参考にしてみてください。

以上の査定を終え、査定価格が提示されると、最終段階である買取りの契約へ進みます。査定日から車の買取り日までは、約1週間という期間が一般的となっています。皆さんの愛車に提示された査定価格は査定をした当日が最高価格になり、2日3日と経つにつれて徐々に価格が下がっていきます。これはどの車買取専門店でも同様ですので、査定後はできるだけ早めに店舗に車を届け、契約を成立させるようにしましょう。一般的な目安としては1週間以内、車をより高く売却したい場合には早めの2、3日以内に車買取専門店に愛車を売却することをおすすめします。もし査定日から1週間以上が経ってしまった場合には、査定日に提示された査定価格が意味を成さなくなってしまうため、再査定が行わなければならないことがあります。また一から査定を受けなければならないのは、皆さんにとっても面倒なことですし、車買取専門店側にとっては非常に迷惑な話です。売却を決めた車買取専門店に対しては誠実な姿勢を心がけるよう、査定後には速やかに買取りの契約手続きを行うようにしましょう。

また、買取りの契約手続きには様々な書類が必要となりますので、すべてを揃えた上で車買取専門店に出向いてください。必要書類については【車売却に必要な書類】で記載しています。売却時に書類の不備などがあった場合、買取りの契約は正常に行われませんので、すべて忘れずに用意しておきましょう。

以上のような流れで車買取りの契約手続きは行われます。契約手続きは、車買取専門店の担当者からの指示に従うようにしましょう。

売却手続きと必要書類

車買取専門店へ愛車を売る際の手続きは、特に大きな問題が起こらない限り、一連の流れで契約が成立します。愛車を査定後、査定士から提示される査定価格に対して皆さんが納得されたようであれば、車買取専門店側の指示に従って愛車の売却手続きを行うことができます。では、皆さんの愛車は査定後、どのタイミングで売却手続きを行うべきなのでしょうか。査定価格というのは、車買取専門店で査定を受けた当日が一番高く、日が経つにつれて徐々に価格が下がっていくことが特徴です。なので、愛車を売却するタイミングとしては、査定後から1週間以内を目安に車買取専門店と相談しておきましょう。より高い買取価格で売りたい場合には、査定から103日後までに店頭の方へ届けることをおすすめします。また、1週間以上を過ぎても車が売却されない場合には、既に行った査定が意味を成さなくなってしまうため、再査定を行うこともあります。査定後はできるだけ早く売却手続きを行いましょう。

そして、売却手続きにはいくつかの書類が必要となりますので、手続きの際には必ず持参するようにしてください。まずは自動車車検証です。車の所有者の名前と住所が間違っていないか確認しましょう。もし紛失してしまったという場合には、運輸支局の方で再交付を行ってください。次に必要な書類は、印鑑登録証明書です。印鑑登録証明書は発行から1ヶ月以内のものを2通準備しておきましょう。車の名義変更を行う場合、譲渡証明書を作製する場合に必要となりますので、実印と共に用意しておいてください。売却する愛車が軽自動車という場合は、印鑑でOKです。そして自賠責保険証明書、自動車納税証明書(軽自動車の場合は軽自動車納税証明書)などの書類と、愛車を売却した際に支払われる買取価格を振込んでもらうための口座番号も忘れずに提示しましょう。口座番号は担当者にわかれば良いので、メモ書きのようなもので構いません。これらの書類は必須となっていますので、売却手続きの際は忘れずに持っていきましょう。もし、以上の必要書類に少しでも不備があった場合には、正しい契約ができなくなってしまいますから、十分に注意してください。再査定を行うことになるので、すべて忘れずに用意しておきましょう。

このように、車売却の手続きは以上の流れで行われます。車買取専門店の指示に従って、スムーズに契約を完了させましょう。

車両保険の利用法

皆さんは「車両保険」という保険についてご存じでしょうか。車両保険は車に関する保険の一つで、「一般車両保険」という名称としても知られています。この車両保険はほとんどの事故に対応していることから、事故車の修理費として利用することができます。たとえば、皆さんが車買取専門店に愛車を売ろうと計画をしていたとしましょう。ところが実際に愛車を売る前に事故を起こしてしまった場合、皆さんならどうしますか?事故を起こす前から愛車を売るつもりでいたのですから、通常は車買取専門店の修理に任せてしまおうと考えることかと思います。しかし、車両保険に加入している場合にはまた事情は変わってきます。事故の程度によっては、車両保険を使って修理をした方が車買取専門店で修理をしてもらうよりも費用の面で得する傾向があります。

このように、車両保険は事故車の修理費として利用することができることが特徴です。車両保険に加入すると、保険料が高くなるのではないか?といった不安の声もありますが、保険料についてはそれぞれの保険会社によって異なっているので、一概には言えません。安い保険料で加入できる車両保険もありますから、様々な保険会社の車両保険を調べてみると良いでしょう。

また、事故の程度が自分ではどの程度なのか判断がつかない…という場合には、まず車買取専門店に相談してみることをおすすめします。車両保険を使うべきか、車両保険を使わずに車買取専門店側の修理に任せるべきか、まずは担当者によく相談してみることで、皆さん自身も納得のいく結論を出せるかと思います。車の修理はお金が関わる問題ですから、一人で決めることは避けることをおすすめします。車両保険について分からない部分も多いかと思いますので、車買取専門店の担当者によく相談した上で、車両保険の利用を考えるようにしましょう。相談後には、査定を受けてみることも一つの方法です。車の修理には車両保険を利用する方法を始め、様々な方法がありますから、いくつかの対処法を比較した上で決定しましょう。

事故車も売れる時代

従来の車買取業界では、事故車を買取ることは非常に珍しいことでした。実際に買取ったとしても、査定価格も買取価格も通常の車買取より大幅に低いものです。このようなことから、事故車は売るのではなく廃棄する、という考えが一般的になっていましたが、現在では事故車の買取りを積極的に行う車買取専門店が増えてきています。これには日本のみならず、海外市場が大きく関係していることが特徴で、近年においては事故車も高く売れる時代となりました。事故車を海外に輸出する際には、パーツをそれぞれに分けることから始まります。事故車のパーツを単体で輸出し、現地で組み立てるという方法をとっています。また、海外市場では、日本市場で流通されていないモデルの事故車も細部まで修理をすることで普通に販売しています。もちろん日本でも、現在では事故車を修理して中古車として販売していますから、事故車でも廃棄処分する必要は一切ないのです。なので、皆さんの愛車が事故車だったとしても、売れる可能性はあるというわけです。どうするべきか迷っている場合は是非、車買取専門店の査定を受けてみてください。

ちなみに、近年では事故車の買取りをメインに扱っている車買取専門店もあるので、参考までに耳に入れておくと良いでしょう。というのも、事故車をメインに扱っている車買取専門店には悪徳業者が多いことに特徴があります。いくら事故車だからといっても、事故車を専門にしている車買取専門店のみで査定を受けることは避けましょう。事故車の場合でも、通常の車買取り査定を受けるときと同じように、いくつかの車買取専門店で査定を受け、比較しながら買取ってもらう店舗を決めることをおすすめしています。たとえ査定を受けた車買取専門店が事故車を専門としていない場合でも、上記のように修理をしたりパーツに分けたりすることができます。修理をした車も単体に分かれたパーツも、車買取専門店側としてはいくらでも売ることができるので、事故車だとしても諦めずに査定に出してみてください。車の買取りは、まずは査定に出すことから始まります。査定に出した上で、査定士や車買取専門店側とよく相談しましょう。車の買取りには、皆さんと車買取専門店側の信頼関係が大切です。事故車でもきちんと対応してくれる車買取専門店を探し、愛車を買取ってもらいましょう。

曇りの日の査定で車の粗を隠す

皆さんは、愛車の査定を受けるのにぴったりの天気があることをご存じでしょうか。実は車の査定を受ける日のおすすめとしては、快晴や晴れではなく、曇りの日がぴったりなんです。曇りの日は太陽が見えていない場合がほとんどですから、車が光に照らされることがありません。車は光に照らされることで、キズや擦った痕などが鮮明に見えてしまうものですので、曇りの日は車の粗を隠すには持ってこいの天気なのです。キズの場合は小さなものから目立ちやすいキズまである程度まではごまかすことができますし、ボディがヘコんでいる場合でも同じです。皆さんも是非、愛車を査定に出す前には、晴れの日と曇りの日では愛車の見た目が変わることを一度よく確認してみてください。晴れの日と曇りの日を比較してみるとすぐに分かることですが、曇りの日の方が圧倒的にボディの粗を隠せているのです。

以上のようなことから、ボディのキズなどの粗が気になる場合には曇りの日に査定を受けることをおすすめします。キズやヘコミが目立ちにくくなるので、査定価格を下げることも防ぐことができます。キズが気になる場合には【小さなキズが目立つときには】も参考にして、上手く査定を乗り切ってください。しかし、これらの対策法には例外もあります。ボディについてしまったキズですが、キズがついた理由が細かく分かっている場合やどうしても隠すことのできない大きなキズの場合は、正直に車買取専門店や査定士に話すようにしましょう。たとえば事故などで車を擦ってしまってついたキズの場合は、ボディにキズがついた原因も分かっていますから、車買取専門店側と良い信頼関係を保つためにもキズができた経緯をしっかり説明することが大切です。車の買取りは皆さんの正直さがカギとなりますので、車買取専門店に対しては決して嘘をつかないようにしましょう。また、ボディの粗を隠すにはワックスを念入りにかけておくこともおすすめです。ワックスによってツヤが出ているボディは、キズが目立ちにくくなるので、この方法も是非試してみてください。ちなみに皆さんが新しく車を購入する際には、査定に出す日とは反対に晴れや快晴の日をおすすめします。このように天気を参考にして、査定に出す日と車を購入する日を決めてみてくださいね。

小さなキズが目立つときには

車買取専門店に愛車を売る際には、ボディのキズなどが気になるかと思います。査定に出す前にボディにできたキズやヘコミはどうすれば良いの?という質問をよくいただくので【キズやヘコミはどうする?】でも詳しく記載しておきましたが、ここでは少し目立ってしまう小さなキズの対処法をお教えしておきます。キズの程度にもよりますが、場合によってはキズを隠すことや愛車を洗車に出すことを一切せずに車買取専門店の査定に出してしまうことをおすすめします。小さいキズの場合は少し目立ってしまっていても、ボディに付着しているちょっとした汚れやホコリによって隠せる場合があるからです。だからといって、ボディ自体の汚れがひどい場合には洗車は必ずしておきましょう。目立たないくらいの汚れならばOKですが、ボディが汚れたまま査定に出すことは、車買取専門店にしてみれば「本当に売るつもりはあるのか?」という認識をされてしまう恐れがあります。愛車に対してはもちろん皆さんに対しての印象も悪くなりますので、ボディの汚れはある程度キレイにしておきましょう。小さいキズを隠しながらも不自然でない程度の汚れならば、洗車をせずに少し汚れを拭き取るくらいで査定に出して良いでしょう。ボディの見た目としては、洗車後2週間くらい経った頃の状態を参考にしてください。汚れやホコリが薄く付着している状態なので、まったく洗車をしていないと認識されることもなく、見た目の不自然さが見られなくなります。是非試してみてください。

以上のように、小さなキズが気になる場合には、敢えて査定直前の洗車を避けることがおすすめです。ちょっとした汚れやホコリで軽く隠せる程度のキズならば、わざわざ査定士にキズの程度を伝える必要もありませんので、あまり深刻に考えなくても大丈夫ですよ。もしキズを見抜かれたとしても、ほんの小さなキズですから査定価格や買取価格に影響することはありません。ただし、査定が細かい車買取専門店の場合は、たとえ小さなキズだとしても見逃さない傾向がありますので、その場合はきちんと洗車をしておき、小さなキズがあるということもしっかり伝えるなど、車買取専門店の担当者によって対応策を練るようにしましょう。

車を売る心構え

車買取専門店に車を売るときの心構えとしては、皆さん自身の冷静さがカギとなります。車買取専門店に車を売るという行為は、皆さんと車買取専門店の間で行われる、言わば「商談」ですね。車の売買にはお金が関わることですので、感情的になってしまうようなことは絶対に避けたいところです。車買取専門店側に対してできる限り冷静に商談ができるよう、皆さんは落ち着いた行動、言動を心がけるようにしましょう。皆さんが特に感情的になりやすいポイントとしては、愛車のアピールポイントを熱く語りすぎてしまうなどの場合が考えられますね。愛車を売る上で、アピールポイントを伝えることは必要なことなのですが、あまり感情的になってしまうと車買取専門店側にきちんと伝わりにくくなってしまいます。愛車のアピールポイントを伝えることは重要なのですが、感情的にならず冷静さを保ったままアピールすることが大切です。皆さんが冷静に商談することができれば、車買取専門店側も快く話を聞いてくれますから、まずは冷静になることを心がけるようにしましょう。

また、車買取専門店側の対応についても、ある程度の心構えが必要となります。皆さんが愛車を売ろうとしている車買取専門店の担当者は、どのような対応をしてくれているでしょうか。担当者によっては、あくまでも仕事として車の買取りを行っているだけに見られるような人もいます。担当者の態度にこういったものを感じた場合には、その店舗で愛車を売ることは少し考えていただきたいところですね。車の買取りは、車買取専門店と皆さんとの信頼関係がなくては成り立たないものです。なので、車買取専門店の担当者に信頼性が見られないような場合には、その店舗で愛車を売ることは考え直した方が良いでしょう。担当者によっては、車を売る側である皆さんに対して、非常に親身になった対応や助言をしてくれることもありますから、自分が信頼をおける担当者を見つけることも、良い車の売買ができるポイントの一つとなります。

以上のように、車買取専門店に車を売るときの心構えとしては、皆さんが冷静さを保つことがまず挙げられます。そして車買取専門店の担当者が信頼性を持っているか、という点もよく見極めるようにしましょう。また、担当者や査定士などとの商談が苦手という方々もいらっしゃるかと思いますので、その場合にはインターネットでできる一括査定がおすすめです。一括査定については【車の一括査定サービスの仕組み】をご覧ください。

このページの先頭へ