車買取

どの程度までの事故歴は言うべきか

車には様々な事故がつきものです。家の塀でドアの部分を少し擦ってキズができてしまったという軽い事故から、バンパーがヘコんでしまって交換しなければならなかったという大きな事故まで、事故の範囲は非常に幅広くあります。このように車の事故は「事故」と一言でいってもその程度は一概には言い表せないので、一体どの程度の事故歴まで話せば良いのか?と疑問の声をいただくことがとても多くあります。自分で修復できる程度の軽い事故もあれば、修理に出さなければならなかった程の大きな事故もありますが、何らかの事故を経験している場合には、事故の程度に関係なく、すべての事故歴を正直に伝えるようにしてください。特にバンパーやボンネットなどを修理に出したり交換しなければならなかったりした程の事故歴があった場合は、査定士や車買取専門店側の担当者に必ず事故歴の旨を話すようにしましょう。いくら新しいパーツに交換してあるからとは言え、査定士や車買取専門店側は車に関するプロです。皆さんの愛車は様々な車のプロによって細かく査定されますので、事故車であることも修理に出したこともいずれは分かってしまいます。事故歴を隠していても結果的にはすべて見抜かれますので、事故歴については査定を受ける時に皆さんの方からあらかじめ伝えておいてください。

もし事故歴があることを隠して買取りの契約を行い、後日事故歴があることが見抜かれた場合には、車買取りについての契約打ち切りや買取り価格の返金を求められることがあります。または、損害賠償請求などの大きな問題にまで発展することが考えられますから、事故歴はすべて正直に話すようにしてください。後々になって事故歴が分かることになってしまった場合、損をするのは事故歴を隠して愛車を売った皆さんです。車の買取りは車買取専門店と皆さんとの信頼関係が何より大切ですので、愛車を買取ってもらう際には絶対に嘘をつくようなことはせず、車買取専門店には誠実性を持った対応をするようにしましょう。車買取専門店への誠実性を持った対応は、車の査定価格や買取価格をアップさせることにも関わります。車買取専門店へ良い対応をすることで、より高額の買取価格で愛車を買取ってもらえる可能性もありますから、店舗側とは良好な人間関係を保つようにしましょう。


このページの先頭へ