車買取

車買取専門店とディーラーとの価格の違いは?

皆さんが愛車を売却する方法としては、車買取専門店に売却する方法、ディーラーに下取りをしてもらう方法が主に挙げられます。まず買取りと下取りについてですが、車買取専門店の場合は買取り、ディーラーの場合は下取り、といったように利用できる場所が決められています。買取りと下取りという似た名称をしていますが、厳密にいうと違った売却方法となります。買取りの場合は単純に車買取専門店側に愛車を買い取ってもらう方法を指しますが、下取りというのは売却した愛車の買取金額を新しく購入する車の支払いへまわす方法のことを指しています。つまり、下取りの場合は新車を買う前提で行うものということですね。車買取専門店ではこうした下取りというものはなく、買取りのみを専門として扱っています。

そこで皆さんが一番に気にされるのは、車買取専門店とディーラーとではどのような買取価格の違いがあるのか?ということかと思います。以前は中古車というとディーラーに下取りしてもらうことが一般的でしたが、近年では車買取専門店の人気が高まってきていることもあり、車買取専門店の方が高く買い取っている傾向が強く見られています。ディーラーは主に自社の新車を売るために下取りを行いますが、車買取専門店は買い取った車をオートオークションに出すことがほとんどです。オートオークションとは、様々な車買取専門店が登録している車買取業界のオークションのことです。このオートオークションには様々なモデル、様々なメーカーの車がいくつもの車買取専門店によって出品・落札されていくので、売買の回転が非常に良いことが特徴となっています。このようなことから、車買取専門店では人気のモデルやメーカーの車は高く買い、高く売ることができるというわけです。

現在の買取価格と下取り価格を比べてみると、やはり車買取専門店による買取の方が高く売却することができると言えます。新車は購入するとしても売却は車買取専門店で済ませ、後にディーラーから新車を購入するという方法を取る方々も増えてきていますから、車買取専門店とディーラーを上手く使い分けるのがかしこい利用法ですね。買取価格と下取り価格との比較もしっかり行いたいところです。


このページの先頭へ