車買取

車の売却契約で注意するポイントは?

車買取専門店では、皆さんの愛車を査定した後に売却に関する契約を行います。そこで注意しなければならないのが、契約書となります。車買取専門店側から提示された契約書に記されている契約事項は、すべて信用できるものなのか?というポイントをよく注意して読んでみましょう。初めて車買取専門店を利用するという方々は特に注意する必要がありますし、以前にも車買取専門店を利用したことがあるという場合でも、契約書は必ず読むようにしてください。契約書に書かれたことで車の売却に関する契約は成立されますので、もし納得ができないような契約内容が書かれていた場合には、契約を結ぶことは避けましょう。車買取専門店には非常に様々な業者がいます。中には悪質な業者もいるので、契約書の契約内容はよくチェックしておくようにしてください。

また、車買取専門店と皆さんとの間でよく起こりがちなトラブルとしては、車を買い取った後の「減額要求」が挙げられます。皆さんの愛車を査定し、買い取った後に車に何らかの問題が見つかった場合、もしくは問題があると車買取専門店側から理由を付けられた場合に、買取金額として振り込む予定だった金額を減額する、といった減額要求が出されるケースがあります。実際に皆さんが売却した車に問題がある場合もあれば、それほど気にならない問題を車買取専門店側が大きな問題に作り上げている場合も考えられますので、車買取専門店選びの時点でも十分に注意しておきましょう。既に名義変更が行われていれば問題はないのですが、実際に起こっているトラブルなので注意深く車買取専門店を選ぶようにしてください。また、車の問題からトラブルが起こらないように、査定を受けている時点でキズやヘコミなどの問題については車買取専門店の担当者や査定士にすべて話しておくことも忘れないようにしましょう。このようなトラブルが起きたことがある車買取専門店の利用を避けるには、インターネットを使って様々な車買取専門店の評判などを前もって調べておくこともおすすめです。車の買取に関しては査定価格や買取価格の比較も大切ですが、多くの情報を得た上で自分が利用する車買取専門店を比較することも重要です。信頼のおける車買取専門店を利用できるように、皆さん自身も気を付けていきましょう。


このページの先頭へ